キッズフープダンス&体操



キッズフープダンス検定とは

フラフープは低負荷、高回数の体幹トレーニングです。
体幹を強化する事で、姿勢が良くなる、運動能力が向上するなど様々な効果があります。
リズミカルに集中してフープを回す事でセロトニン神経活性を促し、自律神経のバランスを強化することで心を健康にする効果もあります。

キッズフープダンスでは、フープの技の検定、フープダンスの演技の習得を織り交ぜながら子供達は楽しんでこれらの効果をあげる事ができます。

また、小中学生の間に様々なトレーニングを行う事で、運動能力は飛躍的に向上します。
このクラスでは、リズムトレーニングやコンディショニングなど、子供の運動能力を向上する様々なトレーニングも行います。

自重負荷トレーニング
ストレッチ
巧緻性トレーニング
コアトレーニング
バランストレーニング
リズムトレーニング

毎回、これらのトレーニングを遊び感覚で行うことにより、子供達は知らず知らず運動能力を高めることができます。

キッズフープダンスの5つの目標

@フープダンスの技と演技の習得
A自分の身体をしっかりと支えられる
B自分の身体を上手に操る
C自分の身体の歪みをなくす
D自分に自信をつける

キッズフープダンスで使用するフープは協会で開発したフープとなります。
このフープは玩具のフープよりも、若干大きく、重めに出来ていて誰にでも簡単に回すことができます。
こども達の手にも馴染むようにグリップの太さ、滑り止め機能のあるテープなど、細部に渡りこだわり開発した全日本フープダンスコンテスト公認フープです。

 

こころの健康

近年、キレやすいこども達が増えているのが社会問題になっています。キレやすくなる大きな原因に脳幹のセロトニン神経の活性が弱くなっていることが挙げられます。セロトニン活性が低下するとイライラしやすい、落ち込みやすい、そしてキレやすくなります。これが慢性化し、ひどくなると自律神経のバランスが崩れ、鬱病にまで発展するのです。今は、こども達も含め、若い層の鬱病が珍しくありません。これらの改善のヒントとなるのがセロトニン神経です。この神経は神経伝達物質のセロトニンを放出し、それが血液に乗って全身にまで運ばれます。セロトニン神経の活性は脳内の気分を安定させる特徴があります。この、セロトニン神経を活性化するには、どうすればいいのでしょうか? 

@一定時間以上何かに集中する Aリズム運動 B強度の高いエクササズをする

これらの要素を満たす運動を行う事で活性化する事ができます。最近では、禅や呼吸法、ヨガでセロトニンを高め自律神経失調症や鬱病の克服を実践している大人も増えています。ただ、これらのジャンルは集中の続かないこども達には不向きです。キッズフープダンスはこれらの要素を全て満たすよう構成されています。会長の上田浩之のフィットネス指導者としての豊富な知識と経験を基に、こども達のこころとからだの両方を健康にする内容となっております。回っているフープの中に手を入れるなどのテクニックでこども達はいつの間にか楽しみながら集中しています。キッズフープダンスは、こころとからだの両面を健康にするスポーツです。

キッズフープダンス&体操インストラクター養成講座

参加費:54000円(税込)
教材フープ代:4320円〜6264円(協会HPよりお好きなカラーを選んでいただけます)
講習時間:1Day
卒業まで何度でも行い指導致します。修了証発行

年間更新料:10000円(税抜)
アップデート:年4回 必須

【内容】
フープダンス基礎テクニック
自重負荷トレーニング
ストレッチ
巧緻性トレーニング
コアトレーニング
バランストレーニング
リズムトレーニング
クラス構成法